高血圧や糖尿病の治療なら豊橋市の松井医院へ

dyslipidemia

脂質異常症(高脂血症)ってどんな病気?

血中脂質の濃度が基準値から外れている状態

血中脂質の濃度が基準値から外れている状態

血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が基準値を超えて上昇したり、HDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準値を超えて低下することをいいます。HDLコレステロールの場合は低すぎることが問題となるため、最近では「高脂血症」ではなく「脂質異常症」という言葉を使うことが一般的です。
脂質異常症は全身の動脈硬化を促進しますが、特に狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患との関連が深いとされています。そのため、狭心症や心筋梗塞の発作を起こしたことがある人は、通常の場合よりもLDLコレステロール値を低く保つ必要があります(後述)。また脂質異常症は脳梗塞の原因にもなりますが、脳梗塞は冠動脈疾患に比べると、脂質異常症よりも高血圧の与える影響の方が強いため、血圧のコントロールがより重要であると言えます。

なぜ脂質異常症になるの?

悪い生活習慣と肥満が原因

遺伝子異常(家族性高コレステロール血症など)や他の病気(甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群など)に伴って現れるものもありますが、8割以上は食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足などの悪い生活習慣や、それによる肥満が原因で発症します。また女性の場合は、閉経の影響で50歳代以降にLDLコレステロールが高くなることが知られています。

脂質異常症の症状

脂質異常症はほとんど自覚症状がないため、早期発見が重要です

脂質異常症の診断は?

脂質異常症の診断は血液検査で行います

脂質異常症の診断は、早朝空腹時(10〜12時間の絶食を「空腹時」と規定しています)の血液検査で行いますが、水やお茶などカロリーのない水分の摂取は可とされています。診断基準は下記のごとくです。

高LDLコレステロール血症* 高トリグリセライド血症 低HDLコレステロール血症

* LDLコレステロールの測定方法

LDLコレステロールの測定方法には、直接測定する方法と、総コレステロール・トリグリセライド・HDLコレステロールを測定してから計算式を用いて算出する方法があります。直接法は測定キット間のばらつきなどの問題が残っていることから、日本動脈硬化学会では後者を推奨しています。しかし、トリグリセライドが高すぎる(400mg/dL以上)と計算式が使用できないため、直接法を採用している検査機関も多いようです。

脂質管理目標値って?

体質やリスクを把握した上で設定する治療の目標値です

脂質異常症の診断基準は先に述べた通りですが、基準を超えたからといって必ずしも治療が必要になる訳ではありません。特にLDLコレステロールについては、それぞれの患者さんの背景(冠動脈疾患の既往歴を始めとして糖尿病、慢性腎臓病など動脈硬化を促進させる他の危険因子の種類と程度)を元にして、管理目標値を決定します。具体的には、まず下記のように各患者さんの管理区分を決め、それを元に各管理区分の脂質管理目標値を確認します。
なお、2017年6月に「動脈硬化性疾患予防ガイドライン」が改訂されましたので、新しいガイドラインに基づいて図表を更新しました。

脂質管理目標値診断

これを見ると、二次予防の人のLDLコレステロールの管理目標値は100mg/dL (70mg/dL) 未満となり、高LDLコレステロール血症の診断基準である140mg/dLよりもずっと低く保つ必要があることが分かります。一方で、他に危険因子を持たない (低リスク) 人の管理目標値は160mg/dL未満であり、必ずしも140mg/dLまで下げなくてもよいことになります。また低リスクの人に薬物治療を開始する目安は180mg/dLとされています。
なおHDLコレステロールやトリグリセライドの管理目標値は、管理区分に関わらず診断基準値と同一となっています。

脂質異常症の治療は?

まず生活習慣の改善が基本です

ただし、上記カテゴリーで特にリスクの高い人や、生活習慣の改善を行っても管理目標値に達しない場合は薬物療法が必要になります。

食事療法

食べ過ぎをやめ、なるべく標準体重を維持することが基本となります。

食事療法のポイント
  • 1. 肉の脂身、乳製品、卵黄の摂取を控えて、魚類、大豆製品の摂取を増やすこと
  • 2. 野菜、果物、未精製穀類、海藻の摂取を増やす
  • 3. 食塩を多く含む食品の摂取を控える
  • 4. アルコールの過剰摂取を控える

運動療法

運動療法

継続的な運動には、メタボリックシンドロームや動脈硬化性疾患の予防・治療効果があります。脂質異常症に対しては、特にHDLコレステロールを増やし、トリグリセライドを減らす効果が高いことが知られています。それ以外にも運動は、インスリンの働きを高めたり(糖尿病の予防・治療)、ストレスを解消したり、骨密度や脳の働きを高めることがわかっています。
具体的には1日30分以上の有酸素運動(速歩やスロージョギング・水泳など)を行うことが勧められています。ただし、知らない間に動脈硬化が進んでいる場合もありますので、急に慣れない運動を始める際には注意する必要があります。

薬物療法

1. 高LDLコレステロール血症

スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)がLDLコレステロールを低下させる効果が高く(20〜50%)、ガイドラインでも推奨されています。スタチンが副作用などで使用できない場合や、スタチンだけでは管理目標値に達しない場合は、エゼチミブ(小腸コレステロールトランスポーター阻害薬)を使用あるいは併用することもあります。エゼチミブのLDLコレステロール低下作用は約20%と言われています。

2. 高トリグリセライド血症

トリグリセライドが1,000mg/dL以上と著明に上昇している場合には、急性膵炎を起こす危険性が高いため、食事指導とともに薬物治療を開始することが勧められています。スタチンはトリグリセライドを低下させる作用があまり強くない(10〜20%程度)ため、特にトリグリセライドが単独で高い場合には、フィブラート系薬剤を使用します。フィブラート系薬剤はトリグリセライドを30〜40%低下させますが、一方でLDLコレステロールを低下させる作用は強くありません(約10%)。LDLコレステロールとトリグリセライドの両方が高い場合には、スタチンとフィブラート系薬剤を併用することもありますが、腎機能が悪い場合は副作用(横紋筋融解症)の頻度が高まるため、原則禁忌となっています。

3. 低HDLコレステロール血症

残念ながら、現在HDLコレステロールのみを上昇させる薬剤はなく、CETP阻害薬という薬剤が開発中です。既存の薬剤の中では、フィブラート系薬剤がHDLコレステロールを35〜45%上昇させます。またスタチンの一部やエゼチミブもHDLコレステロールをわずかに上昇させることがわかっています。海外ではニコチン酸誘導体が使用されることがありますが、痒みや顔面潮紅(顔のほてり)などの副作用が多く、日本ではほとんど使用されていません。

Page Top